こんにちは。英会話教室Ribbitです。

 

 

Ribbitの小学生1~3年生のクラスをご紹介します。

 

 

小学生低学年のグループレッスンでは、ゲームなどのアクティビティを通して

英単語をたくさん覚えます。

 

 

 

 

 

英単語を覚えるだけでは話せるようにはなりませんが

 

英単語をたくさん覚えておくことは、高学年になり文法学習を行うときや

 

英検を受験するときの大きなアドバンテージになります。

 

 

 

 

Ribbitでは小学1年生からアルファベットを書くことを取り入れています。

 

大文字小文字ともに四線を使って練習を行い、ある程度進んだら必ずテストを行います。

 

 

アルファベットを覚えられたらフォニックス学習へと進みます。

 

 

フォニックスはaは「ェア」bは「ブッ」のようにアルファベットが単語になったときにどのような音になるかの規則を学ぶことです。

 

低学年のうちはcatやbigのように3つのアルファベットの組み合わせの単語を読めるように、また単語の発音を聞いて書けるように練習します。

 

 

 

 

 

この動画の生徒さんのように初めて見る単語が読めるようになったり、単語の発音を聞いて書けるようになります。

 

この単語を読む力を養うことも、後の文法学習英検受験には必要不可欠です。

 

 

Ribbitがお教えするのは「人生の武器になる英語」です。

 

 

「人生の武器になる英語」の習得に最も大切なのは文法の習得です。

 

 

Ribbitでは低学年のうちは「人生の武器になる英語」を身につけるための

 

土台を作る時期だと考えています。

 

 

できるだけ多くの英単語を覚え

 

アルファベットを書けるようにし

 

フォニックスで単語の読み書きをできるようにして

 

文法学習を始める前の基礎的な土台を作っておきます。

 

 

レッスン料など詳細はRibbitのホームページをご確認ください。

 

 

ご覧くださりありがとうございました。

これからも実りのある記事を心がけて更新していきます。

これからもよろしくお願いいたします。